求核アシル塩素反応

- Apr 03, 2018-

アシル塩素塩素原子電子吸収効果、炭素の親和性を高める、アシル塩素はより求核試薬の攻撃を受けやすい、cl − は良いままグループもそう求核アシルの活動置換反応は、すべてのカルボン酸誘導体で最強です。

これの最も簡単な例は低レベル アシル塩素水の場合の加水分解。

アシル塩素アンモニア ・ アミン アミド (アンモニア) を生成することができますも反応エステル (アルコール) を生成するアルコールと反応、酸等を生成するカルボン酸イオンと反応して RCOCL + H oh→rcooh + HCl に加えて。アルカリ (水酸化ナトリウム、ピリジン、アミンなど) は、副産物塩化水素を吸収する反応を触媒する反応に一般的に追加されます。アシル塩素が対応するカルボン酸、原料は頻繁により高く、アシル塩素を使用しての反応よりもよりアクティブになってので、アミド、エステル、無水、しばしば作られて代わりにカルボン酸アシル塩素。